現在の閲覧者数:
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/26 (Mon) X11製作レポ?

今日はダンパーを作ります。

0805261.jpg

X11(X10も)のダンパーはこのような構造になっています。シャフトのOリングは1個しかありません。

0805262.jpg

いきなりだよ。チタンダンパーシャフトって書いてあるのに、スチール製が入ってます。新色か?
メーカーにメールしたら「すぐに送る」って返答がありましたが、他のユーザーのX11を見ても、ダンパーシャフトはシルバーだったので、同じ物が送られてくる可能性大です。

0805264.jpg

気にせず先に進みます。フロントダンパーピストンには、バルブを入れるよう、指示してあります。セットシートを見る限り、どのような路面に対しても「バルブ有」とあるので、付けっ放しでも構わないかもしれません。でも、バルブが無い方が、タイトターンでの切り返しは速い気がするのですが、どうなんでしょうね?今度試してみます。

0805265.jpg

バルブの上に「ハード」ピストンを乗せて、Eリングを・・・














留められません・・・

まさかこんな所まで・・。

リューターの出番です。Eリングが留められる厚さになるまでピストンを薄く削ります。0.5mm程かな?
何とかEリングを留めることができました。

0805263.jpg

カートリッジに仕込むOリングは、京商製Xリングに交換しておきます。
XRSでも使っていましたが、リング1枚でもオイル漏れは皆無でした。これはお勧めできます。

0805266.jpg

定番のグリーンスライム漬け。

0805267.jpg

Xリングをカートリッジに入れたら、上からガイドワッシャー(白いプラのスペーサー)を入れ、スナップリングで固定します。画像のようなリングスナッパー(専用工具)があれば、便利です。取り外しもラクチン。

0805268.jpg

カートリッジが組みあがったところ。

0805269.jpg

カートリッジにシャフトを通して、ダンパーエンドを取り付けます。長さはキッチリ合わせておきます。

08052610.jpg

スプリングを組み付けました。オイルはフロント30番(ピストンハード)、リア50番(ピストンソフト)としました。普通のバギーでは考えられない番手ですね。
スプリングはフロント ブルー(5.5Tブラック) リア ホワイト(6.5Tシルバー)+Pスプリングの組み合わせ。プレデターでは定番とも言えるスプリングです。

08052612.jpg

ダンパーをシャーシに取り付けます。リアダンパーのショック・ブッシュの向きに注意。リア前側は、通常の向きでブッシュを取り付けますが・・・

08052611.jpg

リア後側のダンパーのショックブッシュは向きが逆になります。これは、間違えやすいので要確認です。

08052613.jpg

メカ積みの前にリンケージを仕上げます。X11に付属のステアアームは画像左側のシルバーなんですが、ここはX10用のブラック・フィニッシュの物に交換してみました。ボディの上から突き出るパーツなので、目立たない方が良いかな?と思っただけなんですが。

08052615.jpg

サーボは例の方法で載せてみようと思っています。ESCも低く搭載できますからね。

08052614.jpg


完成まであと一息。ボディもそろそろ・・・


今日はここまで!!



スポンサーサイト

プレデターX11 | trackback(0) | comment(0) |


<<X11製作レポ? | TOP | X11製作レポ?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://goodrockin.blog8.fc2.com/tb.php/278-d972e5b8

| TOP |

プロフィール

yaji

  • Author:yaji

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。