現在の閲覧者数:
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/01/20 (Tue) 本家も試そう

X-FACT.jpg
新しいボディは大分角ばった感じですね?。

それは置いといて、今日はLiFeを語るなら、やっぱり本家も試さなあかんやろ?ってことで、正規のA123製セルで2300mAのパックを作ってみました。
IMG_3823.jpg
幅広サイズなのでサブCサイズの幅に合わせる為、お互いのセルが少しカブる様にシャンテで繋いであります。実はこの方法、池田山のK藤君に教えてもらった方法。初めて見た時は目から鱗でした。

で、コイツをRB5に搭載。
IMG_3824.jpg
バッテリーホルダーをストレートパック側に裏返して使用し、隙間にはツーリングのウレタンバンパーをカットして詰め込みます。上手い具合にRB5のバッテリーポストには上下高さが異なる位置にキャッチピンの穴が開いているので、その上穴を使用してバッテリーホルダーを固定するとピッタリ収まります。ヨーロピアンコネクターを上手く逃がして配置すれば、ボディに干渉すること無く搭載が可能です。
IMG_3826.jpg
色々調べてみると本家A123セルは内部抵抗が低いので放電時間は最近出回り始めた3200mAのLiFeバッテリーとそれほど変わらないとの噂もあり、非常に興味深いので試してみることにした訳です。
パックの重量は
GP3300(6セル)→350g
3200LiFe(4セル)→285g
2300A123LiFe(2セル)→155g
(キッチンの計量秤にて計測)
となり、軽さでも相当のアドバンテージがあります。(バギーの場合は軽けりゃいいってもんでもありませんが)

ハイペリオンのDUOチャージャーなら内部抵抗値も測定できた筈なので、次回の充電の際に測定しておこうと思います。全ての答えは今週末。雨降るなよ・・・。

スポンサーサイト

周辺機器 | trackback(0) | comment(0) |


<<いいねいいね! | TOP | 新車>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://goodrockin.blog8.fc2.com/tb.php/356-9beeb861

| TOP |

プロフィール

yaji

  • Author:yaji

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。